連盟の定例会(2021/12/10)

IBJ定例会

当相談所の所属連盟(日本結婚相談所連盟)の定例会にオンラインにて参加しました。

2021年振り返りの統計の報告の中で、私が特に感じることがあった部分をお伝えしたいと思います。

以下、2021年連盟全体のお見合い申込みから成婚までの移行率の統計結果です。

お見合い成立は、約16名申し込んで1件成立。お見合いを3名として1名とプレ交際にステップアップ。10名のプレ交際を経て1名と真剣交際へステップアップ。2名の真剣交際を経て1名と成婚。

これが連盟全体での平均値です。この連盟を通じての出会いの中では、お見合い申込み~真剣交際までが勝負所ということがわかります。真剣交際まで行くと成婚する確率はぐっと高まる。お見合いを成立するのがまず難しく、見事成立し、お見合いをしてもプレ交際にまで進めないお相手の方が多く3名いたら2名はお断りされる。そして、プレ交際者ができても10名程度のプレ交際を経ないと真剣交際に進展しない。

このぐらいが平均値なのだと結婚カウンセラーがしっかり説明して会員様も腹落ちして活動しないとお見合い申込みを数名して成立しなかったり、お見合いをしてもプレ交際を断られたり、プレ交際者が出来てもすぐに交際終了通知が来たりすると「自分はダメな人間なんだ。」とマイナスに気持ちが頭を駆け巡って、新しい出会いに前向きになれず、婚活意欲が急降下してしまうと思います。

その会員様の気持ちをうまくフォローして、真剣交際者を作るところまでうまく誘導してあげることが結婚カウンセラーの腕の見せ所でその結婚相談所の価値なのだと感じました。

【2021 年】
お見合い申込
4,209,028

お見合い成立組数
269,160
6.3 %

交際成立組数
93,994
34.9 %

真剣交際移行組数
9,042
9.6 %

成婚組数
5,412
59.8 %

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です